匿名東工大生の日記(インターネット上の)

匿名の甘い蜜をすすりたい一心です。

ボヤッキーだけは絶対東工大出身

 

期間が空きましたね。正直ブログに飽きてました!

 

 

いや〜

 

 

 

 

ボヤッキーって絶対東工大出身ですよね。

 

間違いないと思いますよこれは。だってスゲェ機械作るクソダサいおっさんですよ?絶対工学院です。

 

まあそもそも悪のエンジニアって大体東工大出身なんですよ。実際通ってみて

「あぁ〜こんなヤツが悪の科学者になるのか〜」

って感じのやつに沢山会ってきました。

 

個人的にはバイキンマン東工大出身だと思うのですがバイキンマンまで行ってしまうとアンパンマンキャラの学歴について語る狂い終わった学歴厨」になってしまうのでやめておきます。そこの垣根は越えたくない

 

でも工学院を適当に数人連れてきて煮込んだら本当にボヤッキーができると思います。

僕はこれがボヤッキーのレシピだと思ってます

ボヤッキー :  東工大生×5  ピーマン×1

みたいな。シンプル故に料理人の腕の差が顕著に出そうです。「ボヤッキーの隠し味に実はハチミツ」みたいなね。「分かる人には分かる」くらいの感じなんだけど確かにあるとないとじゃまろやかさが違うんですよ。それは優しさの味なんです。(優しさをハチミツとしてアウトプットしているという意味。)

でも完全には解らずともこういう見えない努力に感謝できる人になりたいですよね。そのためには見えない努力が汲み取れるだけの知識が必要です。

 

例えばゲームの裏にはプログラマーの努力があるしボヤッキーの裏にはハチミツがありますけどゲームをプログラミングで作ることを知らなければ努力を汲み取ることなどできません。

確かな知識をつけて様々な見えない努力に思いを馳せていきたい所存です。

 

それでは眠いので寝ますね!文章見直してないけど限界です。またねそれでは

責任

 

 

 

こんばんは!

 

 

 

罪は償います!!!!

 

「自分のケツは自分で拭く───」微極道じみたこの言葉をアルティメットカタギ*1である僕が遵守することをここに示します。なけなしの任侠魂を燃やしてまで償おうとする罪。それは実はこのブログに関わることであります。

 

良かれと思ったんです。ブログアイコンが初期設定のままであるのも味気ないと思い、数日前に撮った夜の東工大の写真をブログアイコンにしようと思い立ちました。

 

 

f:id:hitodehaaru:20220427225017j:image

 

 

これです。自分で言うのもなんですが図らずもいい写真が撮れたと思います。

 

昭和初期に建設された東京工業大学本館はレトロな雰囲気を残しつつもひたすら荘厳に聳え立つ。その学舎からは時代を越えて日本の理系の雄としてあり続けた威厳と品格が滲み出ており見るものを圧倒させます。*2

 

そしてこの写真からはその荘厳さの一端を垣間見ることができるはずです。「いい写真が撮れてしまった…」とばかりに舞い上がった私は、「ブログアイコンにピッタリじゃないか?」と思い早速アイコンに設定しました。

その結果がこれです

 

 

 

 

f:id:hitodehaaru:20220427232349j:image

 

 

横倒しになってしまった…こうなっては威厳も品格も何もありません。「ハエは速え〜」あたりでズッコケたみたいになってます。忍たまかよ

なんでこうなったのかは知りませんが僕のせいであることは間違いありません。ちゃんとした写真に変えたくはありますが東工大の威厳を損ねてしまった罪は重い。その罪を忘れないようにしようという想い。ひいてはその責任*3から軽々に逃れようとするのは人道に反するとの想いから画像を変えることは致しません。ずっとこのままです。

 

これが私の償いです。自己満足かもしれません。誰も許してはくれないかもしれません。しかしそれで良いのです。ゆくゆく私の中で罪を昇華できるのならば。。。

 

 

ということで今回は以上です!私の贖罪を認知してくださっただけでも救われる思いです。それでは!

 

 

 

*1:仮面浪人はカタギと言っていいのか…?

*2:頑張って考えた文章だから太文字

*3:タイトル回収

体力

 

 

こんばんは!!!!!

 

 

すごい疲れてます。

 

いや本当私全然体力無いんですよね。大学は去年も別のところに通っていたとはいえ去年は映像授業が多かったのでちゃんと大学通うの初めてなんですよ。しっかり大学通うのが思ったより大変で今すごいつかれてる。

まあ土日で運動系のサークルの新歓に行ったのがデカそうですけどそれにしても月曜からここまで疲れているのは虚弱過ぎです。ホンマに悲しい…今日文章が落ち着いてるのはホンマに悲しいからです。

いやでもこんなに体力が無いやつは大学生じゃありませんよ。ガガンボです。よしんば運動系のサークルに入ろうものなら手足もげるでしょうね。

いや〜しかし中学の頃の自分の体力が羨ましいですね!通学時往復5kmくらい歩いてからに学校終わった後遊びに行って、休日もちゃんと遊んでましたからね。しかも中学生の狂い終わったテンションで。電気で動いてないと辻褄が合わないバイタリティです。

 

体力はゆくゆくつけていきたいですね。モラトリアムを楽しむためにも必要ですからね体力は。運動すればつくかな?まあしないけど。

 

 

今日は以上です!疲れてるから!

それじゃ!

一人暮らし最大の敵

 

こんばんは!ネタがありません!

 

「ネタがないけど自分に何かを書かせよう」というマゾヒストじみたストイックさを自らに課しています。

そうすることで精神的に「いい汗をかいた」的な充実感を得ようとブログを更新してます。

ストイックぶったナルシズムの塊。それが僕の正体です。

さて今回は一人暮らし最大の敵についてお話ししようと思います。ですのでネタがないというのはある種虚言ともとれます。これを責めるかどうかにあなたの人間性がありありと表れる。

 

さて、話を戻します。やはり実家を出て一人暮らしを始めたとあらば気になるのは家事の手間でしょう。今まで実家暮らし勢であった民にとって家事の手間とは凄まじいものがあり、これを経て初めて親の有り難みがわかるいわば通過儀礼のようなものであります。

ですので私は家事を全面否定することは致しませんが「コイツだけは赦せない」*1という悪家事*2があります。それは…

 

 

 

洗濯です。

 

洗濯のめんどくささったらない。The.家事と名高い「食器洗い」でさえ重い腰を上げようものなら立ち所に終わるのに洗濯だけはどう頑張っても(洗濯機にどう頑張ってもらっても)相当時間がかかります。

しかも

1.洗濯機を動かす

2.洗濯物を干す

の激メンドクサ2stepを時間を分けて行うことを強いられるわけです。これには普段穏やかな私の逆鱗にも触れるわけでして、「出来るだけ洗濯という概念から遠ざかろう、こんなに腹立たしい洗濯を可能な限り行わないようにしてやろう」という気持ちになるわけです。

ともすれば溜まってゆくのは洗濯物*3。これを一度の洗濯で処理しようとするととんでもない量になってしまうので洗濯機のSTARTボタンを押す指も震えます。

そうしてボタンを押した暁には洗濯機が苦しそうな轟音を響かせます。洗濯機への、「お前は悪くないのにごめんな…」という罪悪感からか、「自分が洗濯機にした仕打ちの末路は見届けよう」というある種の責任感を持ち始めます。こうして洗濯機をじっと見守る時間が始まるのです。なんか親になったような気分だ。

途中少し飽きて洗濯機を眺めながらコーヒーブレイクを行うというちょっとシュールな時間がありつつも、洗濯機から疲れ果てたようなフィニッシュ音が鳴ります。既に親心が芽生えた私にはこのフィニッシュ音、「終わったよ…!パパ…!」って言ってるようにしか聞こえません。

「我が子の頑張りを褒め称えるのが親」という、2秒で考えたような教育論に則って洗濯機の四角いボディが丸くなる(気がする)まで撫で回します。35分くらいかかりました。

しかし洗濯の出来は気になるところ。あんなに詰め込んだわけですから匂いの面で不安はあります。

ということで息子が描いた似顔絵を眺めるような気分でタオルを嗅いでみます。

ちゃんといい匂いになっていまし良かったです。あんなに詰め込んだのにね。エライね。

あと、心なしか幼少期に嗅いだことのあるような匂いがしたので「昔の親とそう変わらん洗濯ができたぜ!」とばかりに少々一人暮らしへの自信が湧いてきました。やっぱ通過儀礼ですね。

 

 

さて今回は以上です!あと、本当にネタが尽きたらウソの話をするし、そもそも更新しないので、僕がネタがないって言ったら基本的にウソです!

それではさようなら!

 

 

*1:「許」じゃなくて「赦」を使うくらい怒ってる

*2:悪い家事ということ

*3:「洗濯」という概念で洗濯物を定義するのは癪だから以後「既着衣類」と呼ぶ

生活基盤

 

こんばんは!

 

やはり更新しなくなりましたね!!実に一週間ぶりです!

しかし私(アテクシ)男飯すらつくらない男。この程度であれば想定の範囲内です。

近況と致しましてはいよいよ一人暮らしの生活基盤が出来ましたね。

具体的にはついにコップを出しました。

そう。私ここ1ヶ月一度もコップを出さずに生活をしていまして、水分はもっぱら2Lペットボトルラッパ飲みで摂取しておりました。

品が良くないのは重々承知のことでありますが、この背徳感が綾鷹「旨み」「濁り」をとりわけ引き立たせると言いますか、このギルティの味がスパイスになって通常のアヤドリ(アヤタカドリンクの略)よりもおいしく感じるんですよね。なんというか罪を呑んでる気がして。

しかし2Lペットボトルなんてすぐには飲み切れないわけで、菌の繁殖等考えた時にいよいよ机なども出したとあらばそろそろコップも出しておくべきだろうと。カケラ程の良心が自分に訴えかけたのでコップをだした次第です。

まあ「コップを使って衛生的に綾鷹をのむ」(何も面白くない)か、「菌が繁殖するけど背徳的に綾鷹を飲む」(こちらとしてはすごい楽しい)かの二者択一(通称アヤタカ・オルタナティブ)を迫られ、私はついぞ前者を選んでしまったわけです。

当方まだ尻の青いガキなわけでして、「人生は選択の連続」などと言われてもそう実感は湧かないのですが、この言葉に含まれたこう何か一端のようなものを感じ取れた気がします。

こうして小さな選択でついつい常識的な方を選んでいるうちにどんどん何の特徴もない普通の人になっていくのでしょうか。恐ろしいですね。

 

それでは今日はここまでで!バイバイまた遊ぼうね

今年の入試数学の振り返り

 

いや〜!大学!始まりましたね!

 

まだ最初なんで授業がすごい大変とかはないですね。ゆくゆく内容が面白くなっていけばいいです。

あと友達もそこそこできてますね!とはいえ大学は広くてその友達とあまり遭遇しないので依然結構ボッチなんですが。。。

 

さて!現状話すことの少ない大学生活の話はエピソードが溜まるまで取っておくことにして今回は今年の入試数学を受けたときのことを振り返ってみようかしら。

 

「大学生にもなって入試数学をドヤ顔で語ってるの気持ち悪い!」だの「死んでしまえ!」だの思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

そのくらい許してよ!!!

 

いや別にドヤ顔とかそんなんじゃなくてね?我々の界隈では毎年2/25に公開される各大学の入試数学ってのは新作のポケモンみたいなもんなんですよ。

しかもちょっと前にそのポケモンクリアしたばっかりなんですよ。

 

いいじゃんそれくらい語ってもさ!

 

実際にポケモンクリアしたばっかりのポケモンキッズがプレイ中の気持ちを振り返ることに何か問題があろうか?いや、ない。

さてここから過去回想

 

試験管「それでは始めてください!!」

 

 

 

 

 

 

 

僕「ピラッ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「🤮🤮🤮🤮🤮🤮」

 

ムッズ。なにこれ?朝からこんなん解いてられんよ去年はもっとまろやかだったじゃん。今年は教授のフラストレーションが溜まってたのかな?

しかし四の五の言っても仕方がないよということで解き始める一巡目。こういうのは各問ザックリ眺めて解けそうな問題から解いていくのが大事です。

 

第一問 

領域の問題だな!腰を据えて上手い表現を検討していけばできなくもなさそうだが今はその時間が惜しい…飛ばそう!

 

第二問

(1)背理法だろうけどなんかむずくね?飛ばそう!

(2)対称式だから基本対称式の形に直せるね。そこから(1)使うんやろな…  お!互除法使えるぞこれ!でもこっからわからん!飛ばそう!

 

第三問

(1)回転変換したけどyをxの式で表せん!2点繋いで結論だけ出せば部分点は貰えるだろ…

(2)積分の式だけ書いた。計算はしない!飛ばす!

(3)正領域負領域の議論?まあ軽くその辺周りに触れて飛ばそう!

 

第四問

お!これだけただの領域の問題やん!絶対取らないと!でも計算ダルいから飛ばそう!(のちにしっかり計算ミスる)

 

第五問

(3)(4)絶対むりやん😭😭😭😭😭

 

 

 

────1巡目終了

 

 

 

 

 

解答用紙真っ白やんけ!!

 

どれもこれも完答は難しそうだったので部分点を最大化する立ち回りにシフトしました。きっとみんなも出来てないやろとばかりに。

しかしその直後こんなアナウンスがかかりました

 

試験官「これより試験が終わった方は途中退出を認めます」

 

僕(そんなやついるわけないだろ自分達の作った問題の難易度分かってんのか??)

 

隣「スッ…」(手を挙げる)

 

僕「!?!?!?」

 

これには相当焦りましたね。「難しいと思ってるの俺だけなんか?」みたいな。「やっぱ東工大だし天才っているんだな…」みたいな。

まあ普通にトイレ行きたかっただけだったみたいです。一瞬で戻ってきました。紛らわしいよ…

そんなこんなで出来るだけもぎ取ることを決意した二巡目が始まりました。

 

第一問

zが実数の場合の議論は下手すりゃ泥沼だな…虚数の場合の議論は楽そうだからとりあえずそっちだけ書いておくか…

 

第二問

(1)これ解けないのやっぱまずそう!ガムシャラに、何か書くしかない…!

うおっ!なんか解けた!これはデカいぞ!

(2)これ以上進まへんわ…

 

第三問

僕「この問いはむりですバイバイ」

 

第四問

よし!計算するぞ!

(1)これは典型問題だな…絶対ミスるわけにはいかない

(2)こっちもただの領域の問題だから絶対取らなきゃ…(計算ミスる)

 

第五問

((1)(2)これは普通に一巡目でやった)

(3)(4)ん?これ一見捨て問にしか見えないけど実はそこまで難しくなくね?いけるぞ!

(結局この問題だけ完答)

 

そこで二巡目終了、その後細かい見直しを経て試験終了です。

 

いや〜難しかった!

 

でもやはり試験場に魔物がいるが故の難しさでもあると思いますね。第五問とか試験場だと捨て問にしか見えないけど家でチョコでも食べながら解けば割と楽勝ですよ。

 

やはり試験場での緊張感と相談しながら自分の出来る事と出来ない事を正確に見極めて点数を最大化するように立ち回るのが大事なんでしょうね。

ゆくゆく塾講バイトなんかやるかもしれませんからこういうことを伝えていけたらと思います

 

 

さて!今回は長くなりましたがこれで終わりです!

それじゃあ本日はまたねいずれ機会があればお会いしましょうバイバイ

ブログを開設してみました(何の気なし)

 

 

初めまして!今年度東工大に入学した一泡沫大学生です!

 

春の日差しの暖かさに浮かれてブログを始めてみました!思い立ったからです。思い立ったが吉日と言いますし、トリコもそう言ってるので間違いないです。

あんなに正しいトリコが何かで間違うわけない。絶対に。

 

 

さて、まあ思い立ったから始めたというのも一つあるんですがモチベーションは他にもあるんですね。

TwitterやらLINEやらのSNSは別にやっているのですが、私のように比較的若い世代にとっては完全匿名のネット環境っていささか憧れなんですよ。

Twitterでのつぶやき一つとっても完全匿名下での呟きとは言えないので完全に匿名で呟ける、いわば日記のような環境を作りたいなと思ってブログを開設した次第であります。

さらに、日記を自分しか読めない環境に置いてしまうとあまりにも荒唐無稽な駄文だらけになってしまうため誰でも見ることができるブログの形として書いている。といった感じです。

 

さて、始めて早々気が抜けるのですが更新頻度は不明です。

頻度不明どころか続けるかもわかりません。当方生粋の3日坊主でありますから、この記事を書いたその直後から二度と更新することなくこのブログがネットの海の底に沈むことすらもが考えられます。

その上ハンドルネームすら決めてないので「果たしてブログを始めるつもりがあるのか?」と自分でも疑問に思う始末です。

 

でもまあ「匿名環境」を望んで始めたブログでありますから必ずしもハンドルネームは必要ないであろうということで見切り発車で自己紹介をしていきます。

 

 

名前:当面のところないです。前述の通り自分の希望した匿名に殉じている。

 

 

性別:なんと……

 

 

 

 

 

 

 

男です!

 

まあ察しはついていたことだろうと思います。

「トリコを崇拝してる東工大の女」なんているわけないですからね。トリコ崇拝してる時点で男です。

 

経歴:浪人してます。しかも仮面!もともと東工大みたいなデカい大学じゃなくて一泡沫アットホームその辺大学にいたので東工大の大企業じみた組織体系に若干驚いているところであります。

中小企業じみていた仮面先を懐かしく思うこともそのうちあるのでしょうかね。

ちなみにこの経歴はあんま人に言ってないのでこれを書いたところで身バレする危険はありませんね。これしきのことで揺らぐ匿名性なら最初から要らない。

 

さて最後になりますが学院ですね。(他の大学でいう学部みたいなもの)

学院は理学院*1です!つまり他の大学でいう理学部にあたりますね。この理学院でキャッチフレーズ通り"真理を探究し知を創造"していきたいですね。

いやはや。いいキャッチフレーズです。これ流行らないかなぁ?

流行った暁には寝癖とかあっても「知を創造してたから寝癖なおしそびれたわー」とか言えば許される土壌ができそうだのに。それいい風潮だのに。

 

 

 

ぶつ切りですが本日はまたねいずれ機会があればお会いしましょう

*1:理学には緑のイメージがある。